カラヴァッジョ展2016/03/08 08:44

 国立西洋美術館に待望のカラヴァッジョ展を見に行った。「ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ(1571-1610年)は、西洋美術史上最も偉大な芸術家のひとりであり、イタリアが誇る大画家です。彼の理想化を拒む平明なリアリズムや、劇的な明暗法によって浮かび出る人物表現は、バロックという新時代の美術を開花させる原動力となりました。彼の画法はイタリアのみならずヨーロッパ中からやってきた画家たちによって熱狂的に継承され、その影響はルーベンスやラ・トゥール、レンブラントなど、17世紀の数多の画家たちに及んでいます。」と案内文にあるとおり、世界初公開の「法悦のマグダラのマリア」や「エマオの晩餐」、「エッケ・ホモ」の劇的明暗法はまさにカラヴァッジョ!傑作ぞろいです。

1

2

3
   ▲「法悦のマグダラのマリア」…涙流しています
4
   ▲「エマオの晩餐」…静謐な空気感、「聖マタイの召命」の
     ドラマチックな印象そのままです。

 写真で見るとかなり真っ黒けな印象だったが本物は暗い部分もそれなりに色も調子も入ってた。マグダラのマリアはカラヴァッジョが没した時に手元にあった3点の内の一点で、最近真筆とされた作品。見応えありました(^ ^)

アートたけし2016/03/06 20:39

 銀座松屋に「アートたけし」展を見に行った。会場内のビデオで本人も語っていたが、デッサンなどの技術がないから小学生のように好きなことを好きなように描くと…。たけしが描いたから価値がある絵だけど、版画が非常に良かった。タッチで遊べない分素直に描けているからか。何れにしてもそのパワーがすごい。そして、奔放に描ける環境が羨ましい。

アートたけし

レオナルド・ダ・ビンチ展2016/02/23 20:07

「糸巻きの聖母」日本初公開ということで、レオナルド・ダ・ビンチ展を昨日見てきた。両国の江戸東京博物館。かなり場違いな感じも無きにしも非ずだが、観光客だろうか、かなりの人で溢れていた。

1

2

会場内では「糸巻きの聖母」を見るのに50人ほどが列をなして、2〜30分も待ったろうか。スフマートの表現技法が、いかにもダ・ビンチらしく、見応えがありました。その他、ダ・ビンチの手稿やデッサン、空想した飛行物体や投石器などのメカ物の再現モデルも展示されていて、なかなか面白かったですよ。

フェールメールの傑作鑑賞2016/02/22 20:52

 六本木ヒルズ森タワー52階、森アーツセンターギャラリーに「フェルメールとレンブラント/17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち」展を見に行った。おめあては、フェルメールは「水差しを持つ女」。ベールを通した光や、カップに映ったテープルクロスの赤色など、光の捉え方を見ると、巷で囁かれているように、写真をベースにしているようなリアリティーがある。見て描いたスーパーリアリズとは違い、写真特有のぼけた感じもあり興味深い。

1

2

3

 ちょっと残念だったのは「フェルメールとレンブラント」と大きく入っている割には、レンブラントが「ベローナ」のみで、それぞれの作品は1点だけ。タイトルに偽りはないが、17世紀オランダの秀作といったところ。パンフレットをよく見ると「17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち」とのサブタイトルがありました。フェルメールを見られたのは良かったし、ハルスの肖像画は、迫ってくるものがありなかなか印象的でした。

ボッティチェリ展2016/01/31 23:40

 先日の荒天から打って変わり、青空が広がる上野公園。寒桜が花をつけていた。夕方から新年会があるので、早めに那須塩原を出て、東京都美術館に「ボッティチェリ展」を見に行った。

1

2

日曜日とあって少し混んでいたが、さすが「ビーナスの誕生」で有名なボッティチェリ、「書物の聖母」「東方三博士の礼拝」など、見ごたえがあった。特に、「書物の聖母」は金の絵の具が効果的に使われ、上品な聖母の顔と相まって、まさに神々しい一枚だった。

3

 聖母マリアの顔が、西洋人的なゴツさがなくて可愛いいい!どの聖母もほぼ同じ顔。これが、師匠のフィリッポ・リッピの息子で、ボッティチェリの弟子のフィリッピーノ・リッポもほとんど同じ顔なんだ。