工芸Ⅰ、2単位ゲット!2015/09/16 20:57

 工芸Ⅰの通信課題が戻ってきた。思いのほかよい評価で、久しぶりの90点。取材に出かけたり、デザイン分析のために製品を買ったりと、ゆるく楽しいスクーリングに反して、手間と時間のかかる課題だったが、やったことが確実に跳ね返ってきたという感がある。

 以下講評。
「(前略)たいへん質の高いレポートです。この産地への興味の持ち方、結論とも実感があり、よい学習が出来たと思います。
 一般的な話ですが、日本人の多くは、まだ、商品単価の安い物を、疑いも無く好む傾向があるようです。ドイツの学生などを見ていて感心するのは、仮に、変に安いTシャツなどが店にならんでいたりするとラベルやタグをしっかり見て、ほとんど買わない場合が多いことです。
 背景にあることやものを見ようとするわけです。安い労働や環境と云った物に対する認識が高いと云えます。生活者の底上げはどうしたら出来るのでしょうか?デザインの黄砂とも同じに考えます。ハンドル無しで、ソバチョコをアピールする方がよいでしょう。単価はもっと下がります。ご苦労様でした。」指導担当はKR先生。

工芸1-カップ

工芸1-ソーサー2
   ▲添付した製品図面

 とにもかくにも、これで2単位ゲット!テニスの1単位に続いて、今季トータル3単位。まずはめでたし。「ハンドル無しで、ソバチョコをアピールする方がよいでしょう」というのは、デザイン分析のために購入したコーヒーカップは蕎麦猪口の元型に取っ手をつけてアレンジしたものだったため。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://sugapapa.asablo.jp/blog/2015/09/16/7795472/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。