工芸1のレポート制作2015/08/13 20:44

 工芸Ⅰの通信課題は「地域工芸のデザイン調査」だ。「居住する地域もしくは近在の産業として営まれている工芸を1種類選び、その産業を俯瞰するとともに生産現場を見学して記録しなさい。また自分自身でその製品を使用してデザインを分析、考察してレポートにまとめなさい」という出題。産業というところがポイントで作家作品はNG。工芸だから、単なる自己表現とは違うということ。産業というからには、経済活動に他ならないから、そこが現代の工芸のポジショニングの難しさだ。

 益子焼にした経緯は以前書いたが、いろいろ調べていると各地の工芸品同様、益子焼の厳しい現実も垣間見えてくる。昭和54年8月には、国の伝統工芸品に指定され、平成9年のピーク時には100億円あった益子焼の年間売り上げが、平成23年には29億円に減少している現実にはちょっと驚いた。春・秋の陶器市を始めとして、年間多くの人々が訪れる、日本を代表する焼物の産地として定着しているにもかかわらずだ。
 また、今の益子焼は消費者の嗜好に合わせ、 薄手・軽量・デザイン性重視の傾向にあるという。しかし、それによって益子焼本来の味わいが 失われた商品が氾濫し、単に益子において製造され、売買されているものは全て「益子焼」 と称するという状況に陥ってしまっているという。

kogei1-31

 その辺の「益子焼」の現状を把握した上で、製品調査(商品説明・デザインの調査分析)をする。製品を購入して自分で使ってみて、使い勝手や造形性などを分析して、そのデザインの評価をする。まずは製品の撮影と実測して図面に起こす作業。真横のカットを2方向と真上のカットを撮影して、Illustratorに読み込み、製品を実測しながら図面を作る。断面図が少し苦労したが、定規を垂直に立ててない寸を図ってなんとか採寸した。少し狂っていると思うが、微妙な寸法を求められているわけでhないのでそこはご容赦。

kogei1-32

kogei1-33

 図面は大まかにできたが、これをインタビューなどの産業調査と一緒にレポートに組み込む。見やすさも重要だから、最終的にどのようなレイアウトにするかしばし考え中である。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://sugapapa.asablo.jp/blog/2015/08/13/7735291/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。