残念な講評…2013/02/19 15:15

屋久島探検隊 地図
 マルチメディア基礎の課題2の評価が出た。少し悔しい思いのする講評だった。特に「せっかくの第2課題を勿体なくあしらわれたなあ、という残念な気持ちになります。」この言葉はショックでした。少なくとも、この課題を含めて、流すような課題制作はしたことがなかったし、これからもその気持ちに変わりはない!この課題にしても、屋久島を再びテーマに選んだのも、試行錯誤の結果。講師との気持ちのすれ違い、これが通信教育の限界なのか…

以下講評。
「すがPAPAさん 先日提出されたマルチメディア基礎、課題2の講評をします。

課題1に引き続き「屋久島」をテーマとしたサイトとなりましたね。全体にロゴや項目標題の文字感が面白く、個性のあるサイト感を醸しています。このあたりは、さすが長年のディレクターキャリアがモノを言っているようですね。今回、全面的にMap情報を組み込まれたのも良いアプローチでした。

まあ、ここまでは評価できる部分ですが、それ以外にはめぼしいポイントが感じられません。全体が、離島観光地の紹介情報としては凡庸すぎて記憶に残らないような、当たり障りのない表面的な紹介にすぎません。
「探検コース」には4つのコースが、それぞれ道程図と沿線のポイントが数点の写真で各々1ページで紹介されていますが、作る側の最低限の役割はこれで果たせるものの、見る側がこうした情報ではたして誘われるでしょうか。探検スポットも11箇所の観光ポイントがそれぞれ小さな写真1枚と簡単なキャプションで紹介されるばかりです。グルメ探検もKeyword(この命名意図がよく伝わりませんが)も同様で、手持ちの撮影写真を適宜グルーピングし、それぞれに簡単なキャプションを付けて屋久島紹介としているように見えます。
たとえば、「探検コース」と「探検スポット」を2項目に分けるほどの意味はあるのでしょうか。屋久島にとっての「Keyword」って、一体何を言いたいのでしょうか。
あるいは、全体に、屋久島の特別な存在感を想起しつつ、もっと各ポイントや各道程に踏み込んで、細かな情報や各画像のビビッドな解説を入れるように配慮すればこのサイトも、見る人に屋久島の魅力を分け与える存在になり得たかもしれませんが。

課題1が屋久島を写真メインで紹介したのに、課題2でもまさか同じテーマで取り組まれるとは思っていませんでした。これでは課題1の拡張版に過ぎないようです。もちろん課題2の制作条件から逸脱しているわけではありませんし、一般学生の課題作品としてはまあそつなくまとまっているので、及第点を出さないわけにはいきません。ただ、現役のディレクターでいらっしゃるすがPAPAさんが通信教育を受けようと発意されたことにこちらは勝手に思いを巡らすわけで、そうすると、せっかくの第2課題を勿体なくあしらわれたなあ、という残念な気持ちになります。
他の履修科目ではぜひ、初心を忘れずに取り組んでください。」

まあ、おっしゃることはよくわかります。しかし仕事を抱え、課題を抱え、年末年始の繁忙期をやりくりして制作をしている通信生の立場をもう少し理解してほしいような、切ない気持ちもあり…でも、デザインって結果だからな〜
気持ち切り替えて、前に進みましょう。GO!GO!